託児方針

アジュールオンラインストア

24時間託児所|夜間託児所 総合案内


基本方針

  1. 「おもちゃと遊び」から集団生活とお友達関係の9割は学べる
  2. 「ありがとう・ごめんね・いただきます」ここまでが当社の教育

幼稚園・保育園やキッズスクールを始めとした教育機関は目指していません。集団生活での過ごし方は、教え込まなくても自然と覚える。施設の方針を強制しない。「個々の家庭環境・生活により近い時間を過ごさせてあげたい」「個々の主張をなるべく受け入れる」(わがまま放題の主旨ではなく)を最優先した保育施設を目指しています。

異年齢合同保育は個性の開花が抜群


こどもの才能って素晴しい。教えた事もないものを素直に吸収するばかりではなく、普段家庭ではなかなか見られない一面を垣間見せてくれます。一般的に託児所は幼稚園等とは異なり、年齢差関係なく同一の室内で過ごす時間が多いため、少し寂しい気もしますが、周りのお兄ちゃんやお姉ちゃんの真似っこで、一歩一歩大人へ近づいて行くのがわかります。

時間経過を待つだけが託児所ではないと思う


薄暗くて殺風景な託児室では、お子様の心まで暗くなってしまいます。ただただパパとママのお迎えを待つ時間を経過させるのが託児所だとは考えられません。パパやママにはかなわないけれど、当保育施設で過ごす時間が、お子様にとって「楽しいひと時」になる事が最大の任務だと考えております。また保護者様にあっても当保育施設にお願いしているから安心して「お仕事」「ご夫婦の時間」を過ごせる環境をお約束します。

夜間・24時間・土日祭日・年末年始の保育は絶対に必要と考えています。


実際の経験として「閉園時刻」に苦しめられました。託児所の「閉園時間は厳守して下さい。」の一言を守るため、仕事中や運転中も時計ばかりを気にしてしまう。託児時間を延長すれば済む問題ではなく、閉園するから守らなければならないのは分かっているけど・・・。24時間、土日祝日も営業している託児所を探し回ったけれど、利用できる地域には1軒もないと知ったときは愕然としました。同じ様な経験をされた方のお力になりたい!最初の一歩はただただその思いだけで開園に至りました。

東日本大震災の瞬間にとある大手の託児施設に我が子を預けていました。容赦ない対応に・・・。

代表者より(余裕がある時にお読み頂ければ幸いです)


当保育施設のWEBを閲覧頂きありがとうございます。運営会社の合同会社 Friesmell Corporatin代表の設置にあたる想いをただひたすらに語ります。
改めて、当保育施設WEBページを閲覧頂き本当にありがとうございます。ご利用を検討の方や、同業者の方など様々だと思いますが、色々な意味でご活用頂けたら幸いだと考えております。

(姉妹園で一番最初の保育施設であるVABOO開園の経緯など)
「なぜないのだろう?」町田市・相模原市近郊に夜間・日曜日に気軽に利用できる託児所・保育施設をあの手、この手で探し続けていました。(その間は池袋・新宿まで預けに行ってました)残念ながらなかったので「ないなら造る!」更に、せっかく造るのならば自分が満足できる、「環境と料金設定を追求したかった」の思いで「町田・相模原の24時間託児所VABOO」は開園に至りました。(身勝手な思い込みで、需要がないから施設がないと言う発想は皆無でした)

もちろん「親の都合で子供を振り回す」ことは良い事ではないと思いますが、「子供の為だけに、親を犠牲に」はもっと悪い事と考えています。親だって「息抜き」や「リフレッシュ」は絶対に必要だし、それが出来ない環境が「育児ノイローゼ」「虐待」につながってしまうひとつの要因なのかもしれない。「親」としての責任はいつまでも背負いつつも「夫婦」「生活」を円滑に継続させるには、(言葉は不適切だが)一瞬の育児放棄は絶対に不可欠なはず。(行政からは、長時間・連泊保育は育児放棄を助長する要因になるっ!とお言葉を頂いておりますが、そこは断じて反論あり、当社が必要であると考えている以上、方針として継続いたします)

最近では印象も変って来ていると思うが、少なからず「託児所=子供を閉じ込める」のイメージがありますが、それは大きな間違いだと思う。「託児所を利用しない、出来ない=親を閉じ込める」の方が現社会環境の一つの問題だと考えています。

親の息抜きの為、生活維持のお仕事の為、それぞれ理由は異なるけれど、最終的に「子供」にとって「より良い環境のため」であることは、両者とも変わりないはずです。
堂々と「今の時間、子供は託児所に預けている!だって今は仕事(遊び)の時間だからっ!」で良いじゃない?と思います。託児所に預けてる=駄目な親って捉える時代じゃないと思う。(美容院でのカット・カラー中に後ろの子供を気にしつつ「もうちょっとこうして欲しい」等の要望も、子供が騒ぐ中、周りへ遠慮して「しょうがないかっ」てのも嫌だって思います)

様々な事情で「一人親」として子育てに奮闘されている方は、町田市に留まらずたくさんいらっしゃいます。様々なご事情で昼も夜も働き詰めの方もたくさんいらっしゃいます。(おかげさまで私もほぼ24時間働き詰めです)
当社が志す託児所は「親の為の託児所」です。子供がより良い環境で日常生活を送るには、まずは親の環境が整わなければ絶対に不可能であるし、その為に、お子様をお預かりしている時間、保護者様の不安の全てを取り除ける環境を用意することが当社の最低限の責務であると考えています。

ご利用検討中の方から「安すぎるから逆に心配」との声もあります。(もちろん、高い!のお声も頂きますが・・・。)ご安心下さい。当社なりの適正価格で運営していますし、その中で当然 当社も利益が出せる価格設定です。(もっと安価に!はすみません。あくまでも会社組織なので利益度外視の運営は出来ません)
もちろん他託児所も各々の適正価格での運営だと思います。運営に必要な諸経費の違いが、そのまま「適正価格」の違いになっているのだと思います。

「適正価格=低価格」最大の理由は、当社元来の主体業務である「建物管理業」で培ったノウハウと、人脈・取引会社様からの協力等様々な部分での「当社だからこそ」がたくさんあります。

「通常は1本100円仕入れの人参を50円で仕入れている激安店」と同様の原理です。例えば当社での害虫駆除についても、専門業者・専門資機材での施工も、ほぼ「原価」であったりもします。(原価以下かも)

そのほかにも当社の断トツトップ営業マンである、このWEBサイトの作成や、上位表示の為のSEO対策なども専門業者へ依頼すれば、初期導入費用と毎月の維持費もびっくりするほど必要ですが、当社では全てを自社にて行っています。

一度当保育施設にお越し頂ければご納得頂けると思いますが、什器・備品関連等 決して「ケチ」っていません。見た目重視・インテリア・デザイン重視(そこを抑えて保育料金をもっと安価には理念上できません)

当保育施設の価値・志は「言葉だけでは伝えきれないものである」と自負しております。WEBページを閲覧頂いた方は、少なからず当社と何等かの接点がある方々であると思います。是非一度ご利用・ご見学頂き、私及び当社スタッフの熱い気持ちをご確認下さい。

託児方針

PAGE TOP